「そらのうえショッピングモール・47都道府県ご当地館」2023年1月にオープン!各ご当地VTuberを応援大使に起用!

【プレスリリース配信】

~メタバースの商業施設「そらのうえショッピングモール」3号館のテーマは地方創生!~

メタバースの商業施設「そらのうえショッピングモール」は、キャラクターショップを集積した1号館、千代田区観光協会、秋葉原観光推進協会らと連携し、秋葉原のメイドカフェや神保町の古書店街、神田のカレーショップなどを集積した2号館に続き、47都道府県の名産品の販売や名所を紹介するショップを集積した3号館を、2023年1月に開業いたします。

■各ご当地VTuberが47都道府県ショップを店頭で紹介、応援します!

※画像はイメージです

画像イメージに登場している、広島県江田島市「公認」非公式バーチャル広報大使『夢野ほまれ』は、地元愛から江田島市の観光協会との取り組みを行い、自分の活動拠点から地元の名産や名所の情報を発信したいと、率先して行政や民間企業に働きかけ、モール内のショップ展開についての提案活動をしています。彼女(?)達のようなVTuberとモール内にショップを展開していく準備を行っているのですが、今回、同じような思いをお持ちの方々や企業様、地方自治体の皆様にもご参加、ご協力いただければと考えています。

「夢野ほまれ」公式情報:https://www.c-quartet.jp/


・「そらのうえショッピングモール」への入場がボタン一つに!

モールはご高齢の方や、お子様にも直観的に楽しんでいただくことを第一に考えて、スマートフォンやパソコンから「入場する」を選ぶだけで、インターネットに接続されたWEBブラウザからゲストログインできるようになりました。アプリのダウンロードや、高機能な機材を使用することなく、いつでも簡単にバーチャル空間へアバターになって入場できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-1.png
※画像はイメージです

・ご当地VTuberによるご案内について

アバターでモール内を回遊していくと、それぞれの店頭ではご当地で活動しているVTuberたちがマンガのような吹き出しとともに、各都道府県の方言の音声で「いらっしゃいませ」のご挨拶や、お店の紹介を語り掛けながらお迎えいたします。ご当地VTuberがご案内するのは、実際の店舗を360度撮影したショップや3DCGのバーチャルショップとなっており、店内のスタッフと会話していただくこともできます。
※通常は自動応答です。日時を決めて、イベント的にボイスチャットを楽しんでいただくことも計画しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-2.png
※画像はイメージです

・ご当地×メタバースならではの魅力

実際のショップスタッフだけでなく、生産者、観光地の方々による商品紹介動画や、観光名所、ご当地パワースポットなどの画像、路線バスなどの交通案内も行い、雑誌やホームページ以上の価値ある情報を提供し、「見られて良かった!」「実際に行ってみたくなった!」「あの名産品が買いたい!」という気持ちを喚起させ、観光、通販のどちらにもお客様を誘因いたします。ご当地VTuberだからこそできるバーチャルでのコミュニケーションと、実際の47都道府県の地元の魅力の情報発信を組み合わせたショップを集積した、メタバースならではの商業施設として楽しんでいただくことができる期待の新サービスです。

■「ご当地VTuber企画事務局」を設置、埼玉県所沢市ご当地VTuberの「沢ところ」さんをお迎えし、『ご当地VTuber図鑑』と連携いたします!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-3.png
※画像はイメージです

埼玉県所沢市ご当地VTuber「沢ところ」は、現在全国各地で活躍されているご当地VTuberを紹介する『ご当地VTuber図鑑』を立ち上げ、運営を行っています。地元の為の情報発信を全国に行いたい、物産展を立ち上げたいという思いを持っていたことから、本企画に賛同して、事務局として取り組みます。方言が使える事や、地元の名所などの写真撮影などができる事など、応援大使の応募条件の詳細については、モールの「VTuber展」(11月22日(火)~1月25日(水)開催『第2回そらのうえショッピングモールVTuber展』)の会場内で発表し、ホームページ、SNSなどを通じて、各ご当地の応援大使を募る事にしていますが、応募いただいた方は、「ご当地VTuber図鑑」にも掲載、ご紹介させていただくようにします。


■メタバース×地方創生が生み出す可能性

現在、各企業様、行政様が働き方改革、地方創生、MaaSなどに各都道府県で取り組まれている様々な課題に少しでもお役に立てればと考えています。

・働き方改革への取り組み
今回、各ご当地Vtuberを起用したことによる最大のポイントは、地方にいながらもVTuberとして全国に向けた活動を行うことで、アバターによる遠隔受付、遠隔接客は、年齢、性別、居住地、労働時間についての制約にとらわれない新しい働き方としての可能性になるという点です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4.png
※画像はイメージです

地方にお住まいで方言を話される高齢者の方々に、VTuberとして地元をご案内いただく仕事を斡旋するだけでなく、さまざまな事情で外出が困難な方にも、ご自宅から能動的に社会とのつながりを持ち、就労機会を提供できる可能性を感じています。

・地方創生、Maasへの取り組み
有名な観光スポットだけでなく、都市伝説的な恋愛祈願スポットや、アニメ・マンガの聖地は、現代社会ならではの、新しい“思わず行きたくなる場所”です。その場所に行くためにはどのような交通機関を使うべきか、食事や宿泊はどういうものがあるのか、地元企業や関係者の方々と多様なお取り組みを行い、ユーザー目線での情報発信、ローカルならではの情報提供が可能だと考えています。 課題もまだまだ多いとは思いますが、メタバースと各予約、交通、決済アプリなどのデジタルツールとの連携にも取り組み、さまざまな可能性に挑戦いたします。


「ご当地VTuber」になってみたい、活動したい、VTuberの方は、こちらまでご連絡してください

■「ご当地VTuber」
応募はこちらへ

2022年11月21日